カウンタ

COUNTER922

文芸部

部誌の作成・発行 

部誌「桑弓 復刊」号を夏季と冬季の2回に分けて発行し、「蛟龍祭」では一般の方に向けて頒布しています。

各種コンクールへの挑戦、応募 

少数精鋭の部員で群馬県の高校生文学賞をはじめとして各種コンクールに精力的に応募していくために、週に1回程度、自分の作品を持ち寄って、部員同士や顧問の先生を交えて批評会を行っています。執筆しているジャンルは、小説、随想、俳句、評論などの多岐に渡っていて、取り上げるテーマも人生、恋愛、歴史、自然、高校生活など様々な分野に及んでいます。

文芸部の魅力

活動の中心は各部員が自分の作品を制作する「個人活動」ですから、個人の意欲によって作品の質や高校生活を通じての成果がかなり変わってきます。また、必要な道具は基本的に紙とペンだけです。裏を返せば、文芸部は個性を発揮しやすい部活動だといえ、時間の縛りがなく自分の考えを直接反映できるため自分の感性や文章力だけで勝負できるということです。「創作」は決して楽ではなく勉強以上に頭を使う活動です。何をどう表現すればよいかわからず悩むことも多々ありますが、それだけ作品を完成させた時の充実感は大きいものがあります。それは「自分の思想、全てここにあり」といった最良の気分であり、これこそ文芸部の醍醐味なのです。
 

活動実績

平成30年度

【第33回全国高等学校文芸コンクール】詩部門 入選 髙橋幸寛

【第13回群馬県高校生文学賞】散文部門 文学賞(最優秀賞)髙橋幸寛

散文部門 佳作 赤岩佑馬

  短歌部門 佳作 中嶋高志 赤岩佑馬

  文芸誌部門 優秀賞 『桑弓 復刊八号』

平成29(2017)年度

【第12回群馬県高校生文学賞】 詩部門 優良賞 平石瑠

平成28(2016)年度

【第11回群馬県高校生文学賞】 短歌部門 文学賞(最優秀賞) 池田尚平

 

日誌

文芸部
一件も該当記事はありません。