カウンタ

COUNTER942

少林寺拳法部

 少林寺拳法は中国の少林寺で修行されている「少林拳」とよく混同されてしまいがちですが、日本発祥の拳法です。少林寺拳法には空手道の突き・蹴りの要素や、柔道の投げ・固め・整復の要素や、合気道の合気の要素等、様々な要素が含まれています。元々は戦後の日本を再建する、気骨のあるリーダーを育成するために創始されたものであり、術技だけでなく、精神修養の要素も含まれています。
 本校の少林寺拳法部も気骨のある、将来日本を背負って立つリーダーを育成すべく、監督である前橋中部道院の副道院長の児島生昭先生のご指導の下、3年生6名、2年生5名、1年生6名、顧問2名で日々研鑽に努めています。平成27年度に行われた新人大会では団体演武の部で県内で優勝し、全国選抜大会へ出場しました。(上毛新聞紙上で掲載)
 少林寺拳法の稽古を通し、心身ともにたくましくなり、男として生きていく上での大きな自信を身につけませんか?

稽古時間
月・火・木・金16:00〜18:00
水17:00〜18:00(自主練習)
土 9:00〜12:00(登校学習がない日)
13:00〜16:00(登校学習がある日)

稽古内容
突き・蹴り・受け・運歩・受け身等の基本の稽古
相手の突き・蹴り等に対する返し技(剛法)の稽古
投げや固め技(柔法)の稽古
演武の稽古
運用法(乱取り)の稽古 
 

 

 

成績

平成28年度
○群馬県大会
 組演武(級拳士)      優良賞(3位)
 単独演武(有段)      敢闘賞(4位)
○関東大会
 団体演武の部、組演武の部に出場
○県総体
 組演武           2位(関東大会へ
 団体演武          2位(関東大会へ

平成27年度
○関東選抜大会
 男子自由組演武、団体演武の部に出場
○前橋市大会
 組演武(高校生の部)    最優秀賞(1位)
 運用法(高校生の部)    優秀賞(1位)
○新人大会
 男子自由組演武の部     優勝(関東選抜、全国選抜へ)
 男子団体演武の部      優勝(関東選抜、全国選抜へ)
○桐生市大会(修練大会)
 組演武(高校生の部)    優秀賞1組、敢闘賞3組
○全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
 男子自由組演武の部に出場
○群馬県大会
 組演武           優秀賞(2位)
 団体演武          優良賞(3位)
○関東大会
 組演武、単独演武、団体演武の部に出場
○県総体
 組演武           2位(関東大会、インターハイへ)
              8位(関東大会へ)
 単独演武          7位(関東大会へ)
 団体演武          3位(関東大会へ)
平成26年度
○県総体
 組演武           5位(関東大会へ)
 単独演武          優勝(関東大会、インターハイへ)
 団体演武          3位
○全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
 男子自由単独演武の部に出場
○桐生市大会(修練大会)
 組演武(高校生の部)    優秀賞1組、優良賞2組、敢闘賞2組
○新人大会
 男子規定組演武の部     優勝(関東選抜、全国選抜へ)
              3位(関東選抜へ)
○関東選抜大会
 男子規定組演武の部     8位
○全国選抜大会
 男子規定組演武の部に出場 
 

日誌

少林寺拳法部
一件も該当記事はありません。